東隆眞老師が遷化されました。金沢大乗寺の山主であり瑩山禅研究の第一人者、ご冥福を祈ます

曹洞宗を代表する禅僧の一人に東隆眞老師がいらっしゃいます。

急に体調を崩され遷化されました。

5月23日に金沢の大乗寺で密葬が執り行われ、随喜をさせていただきました。

真福寺とも縁が深く、住職が導師を勤めました。

老師は稲城市にある駒沢学園の学長を勤められたのち、

古刹大乗寺の住職に就任されました。

瑩山禅研究の第一人者で、瑩山禅師さまの研究の礎を一代にわたって完成されました。

個人的にはこの功績が世に認められるのには100年後だろうと思っています。

身近にその研究について伺ったり、

その禅風に触れる機会を得たことはありがたいことでした。

個人的にも中国天童山やインド仏跡めぐりなどご一緒させていただいたり、

蕎麦のおいしさを教えて頂いたりと思い出多い事です。

いずれ仏様のお膝元で再会できることを励みに

日々の精進を続けたいと思います。

お寺の春の法要「大般若祈祷会」にお参りしました。先祖供養にお稚児さんが華を添えてくれました。

4月20日はお寺の春の供養でした。

一年の豊作や健康、家族の無事を祈り大般若のお経で祈祷します。

また先祖供養を同時に行い、ご先祖様の冥福を祈ります。

午前の法要には4名の園児が稚児として華を添えてくれました。

また午後からは園児がお寺にお参りにきました。

記念のパンを頂いて帰ったことでした。

家族で分け合って食べてくれたことと思います。

花まつりにお供えいただいたお花、お寺のみほとけ様の前にも飾りました。「きれいだね」お参りの方

お供えいただいたお花も、長いお休みで眼に触れないのはかわいそう。

お寺の前にも飾ることにしました。

お参りにいらっしゃった方々が、すてき!きれい!と口々に。

心のこもったきれいなお花にみんな笑顔でした。

お寺の位牌堂のワックスをかけました。水拭きだけではでない輝き。年に一度と張り切って行っています。

お寺は広くてきれいとよく言っていただくのですが、幼稚園とのかけもちなので、行き届かないところもあり、申訳なく思っています。GW中にワックスを!とひと頑張りしています。ただいま半分終了!お休み中に完成させたいと思います。障子も日焼けが目立ってきたので少しづつ行っていこうと思います。

17日は観音様のご縁日。お寺に集まってご供養しました。

毎月17日は観音様のご縁日です。

今日は日曜日と言うこともあって、お寺の子ども達も全員参加。

コロナ禍にも拘わらず、お参りを頂きました。

まだ一緒にたべることはできませんが

接待のマメご飯を持って帰って頂きました。

来月は開扉法要です。

献花は椎木さんです。いつもありがとうございます!

花まつりを新南陽仏教団主催でお祝いしました

お釈迦様のお誕生日を「花まつり」といいます。

今年は新南陽政所の「善宗寺」様を会場に行いました。

宗派を超えた10名のお坊さん、檀信徒・門徒・地域の方でお祝いしました。

来年はVESTAの遊ロードで盛大に開催したいものです。

4月8日の様子

合気道・和太鼓クラブが新年の稽古を開始しました。

ご本尊様に手を合わせ、今年一年の無事息災を祈った後

初稽古をしました。

年末年始のお休みで、体がなまったり

勘が鈍ったりしているので、最初は基本からスタートです。

稽古や練習を通じて心身を鍛え、

人間性を高めていくことに繋がって欲しいと

思います。

ことしも頑張ろうね!

1/7と1/8の様子。

素敵な献花を毎年ありがとうございます。観音堂はこの新春もお花で穏やかに時が流れます。

年越しを前に椎木さんが献花を活けてくださいました。

夫婦でお寺にいらっしゃり

ゆっくりと時間をかけて一つ一つの花瓶を丁寧に活けていきます。

お正月にふさわしい新春を感じさせる見事なお花です。

火の管理で日に何度も焼香所をのぞきにくるのですが

このお花を見ていると、時がゆっくり流れるような気がします。

花の美しさを際立たせるだけでなく、

時間の感じ方も変わってくるって、お花の世界って面白いですね。