素敵な献花を毎年ありがとうございます。観音堂はこの新春もお花で穏やかに時が流れます。

年越しを前に椎木さんが献花を活けてくださいました。

夫婦でお寺にいらっしゃり

ゆっくりと時間をかけて一つ一つの花瓶を丁寧に活けていきます。

お正月にふさわしい新春を感じさせる見事なお花です。

火の管理で日に何度も焼香所をのぞきにくるのですが

このお花を見ていると、時がゆっくり流れるような気がします。

花の美しさを際立たせるだけでなく、

時間の感じ方も変わってくるって、お花の世界って面白いですね。

日の出がきれいです。お寺にある各家の位牌壇に霊具のお膳をお供えしてあります。

お寺では正月の三ヶ日、霊具の膳をお供えします。

お檀家さんも、おもちやお菓子を仏壇に供え

ご先祖様を丁寧におまつりされています。

新年の行事として「やるべき事をやる」という考え方でいましたが、

最近は、先祖を偲び、思いをいたしながら

好きなものや、お正月飾りを準備することが行事であると考えるように

なりました。

禅の教えでは「只管打坐(しかんたざ)」という言葉があります。

「ただひたすらに坐禅する」ことが目的なのだという意味です。

先祖と一緒にお正月を迎え、新年に思いを新たにする

そこをぶれずにひとつひとつ行っていくことが大事なのですね。

毎年同じ事を行っているのですが、一つの気づきで少しだけ

禅の教えが深まったように感じています。

言葉だけで知っているのと、自分で気づくのはおおきな違いがあります。

1日1日をもっともっと大事に生きられるようになりたいものです。

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。

大晦日の昼は大風が吹いて大変でしたが、

一夜明けると初日の出が拝める穏やかな天気になりました。

新型コロナウイルスに振り回された2年間ですが

天気のように一気に回復してほしいものです。

目一杯の願をかけ、しめ飾りも特大のものを準備しました。

年神様が「福」を届けてくださることを念じています。

お寺では護摩木をご祈祷しました。

修正会といってお正月に三日間の祈祷を行います。

新春の祈祷を行った「大般若札」も本堂においておきますので

お参りの方はお持ちください。

今年最後の大行事「除夜の鐘」を突きました。福くじも大盛況でした。

どれだけ沢山の煩悩が生まれたのでしょうか?

だれもが苦しい一年だったと思います。

最後に今年一年の振り返りをしました。

いろいろありますが、歴史嫌いだった私が

「福川や真福寺の歴史」に興味を持てるようになったことが

大きかったように思います。

知っているようで知らないことの多さに今更ながらに驚きました。

あと20~30年生きられるのなら、ちょっとは福川のことを知って旅立てるかな。

三途の川の向こうで、先に行かれた方々とむかし話が出来たら楽しいでしょうね。

さて、除夜の鐘は108声全てを参拝者の方に

突いて頂けるほど多くのお参りをいただきました。

昨年は自分たちで突く数が結構あったので、それだけで元気をもらったように感じます。

コロナ退散を祈願された方も多いかったのではないでしょうか。

接待はコロナで中止ですが、「福くじ」は数を減らして行いました。

当たりくじに、ジャンプして喜ぶ小学生の姿が嬉しかったです。

娘や甥っ子姪っ子が出家して弟子となり、

自主的にいろいろ手伝いをしてくれます。

行事に向けることのできる体力の限界が見えてきたところだけに、

子ども達の成長をまぶしく感じました。

来年は寅年。守護地蔵様に大きな声で読経しました。

新年を前に、鏡餅を作りました。お寺ではお餅つきは30日に行うことが多いです。

年末にお餅をつくお宅が少なくなってきているように思います。

お寺では「餅つき機」を使っての餅つきですが、毎年12月30日に行っています。

28日とか29日とかに行えばもう少し時間の余裕が

取れるのではないかと思うのですが、

「苦の餅はつかない」と言う言葉が伝えられており、

29日にお餅をつくのは縁起が悪いのだそうで、

代々30日に行っているそうです。

この日はお昼前ごろから、夕方にかけて

お寺参りの方も多く、風呂敷や紙袋に鏡餅を作って

仏様にお供えをしにいらっしゃいます。

「今年はみんなで集まってお餅つきが出来たよ!」

と嬉しそうにできたてのお餅を見せてくれた

おばあちゃんもいました。

みんなで集まることが出来るって、それだけで嬉しいことですね。

合気道の昇級審査の結果が帰ってきました。

集合写真を撮ったのですが、現在では個人が特定できてしまうので

好ましくないといわれる写真なので掲載しません。

コロナの影響で三ヶ月遅れで行いました。

意識的に主体的な指導を交えるようになってから初めての

審査でもあります。

技の出来は、之までとほとんど遜色ありませんが、

厳しく気をつけるように先生に言われているからやっているのか、

自分で気をつけるように意識をしながら積み重ねてきたのか

の差がよく分る内容でした。

自分たちの頑張りが賞状という形になって帰ってきたことは

子ども達にとって何よりものご褒美です!

研修館道場の合気道昇級昇段審査を行いました。

半年に一度の審査ですが、コロナで開催時期がずれ込みました。

規定の時間数を満たしていること、相応の実力が身についていることが

審査を受けるための条件です。

今回は昇級だけでなく久しぶりに昇段の審査を行うことが出来ました。

小学校一年生から中学3年まで続けていた女の子が

審査をすることになったのです。

「県の基準になるくらいしっかりやれ!」と

先生達からハッパをかけられていたので、

やる気だけでなくかなりの緊張もあったようですが

最後に県の先生から褒められるくらいよい出来で、ホッとしています。

12月17日の様子

今年最後の「納め観音」でした。今回は「冬至梅」を使った献花とのこと。この時期に咲く特別な梅で花が白いのが特徴です。

あっという間の1年でした。

コロナウイルスに振り回される二年目も

いよいよ終わりを迎えようとしています。

「観音様にお参りできることが幸せなんだよ!」

と言われてきましたが、改めて実感しています。

400年前の真福寺の発祥の地、奥花河原を訪れてみました。古い手水鉢が今もそこにありました。

下の写真は羽島から嶽山・四熊が岳を望んだ景色です。

奥花河原は、日本の歩きたくなる道500選に選ばれた「陶の道」

の途中にあります。

嶽山の北側に当たるのですが、そこに真福寺の前身である観音堂があったと

伝えられています。

建咲院(永源山の入り口のお寺)の住職であった、仁庵等恕和尚様が

隠居されたときにその観音堂で起居されていました。

福川の三旦那が、福川の地にお寺を建てるので住職として

来て欲しいと願い出られ、観音堂を移設する形で

福川に建てられたお寺が真福寺となりました。

そのときから伝わる霊験ある観音様が

現在「大悲殿(位牌堂」に秘仏として祀られています。

お釈迦様のお悟りの記念日「成道会」をお祝いしました。

昨日ついたお餅をもってお寺にお祝いのお参りに行きました。

写真は園児代表でお稚児さんです。

今日のお話は仏典にある仏様の前世物語、ジャータカのお話しです。

森にある、おいしいマンゴーを独り占めしようとした人間の王様と

独り占めするために殺されそうになる猿の群れ、

そしてそのリーダー(お釈迦様の前世)の物語です。

仲間を救うために、体を橋にして向こう岸に渡そうとする姿(利他)、

猿のリーダーとして命をかけてなすべき事をすることの重要性(正しい行い)

などが盛り込まれたお話しです。

成道にかかわる様々なお話しを一枚の絵にした「成道図」が

真福寺ありますので、その絵を見せながらの物語でした。