ひよこぐみさんの様子。おもちつきが楽しかったので、くらすでもお餅つきをしました。

年中さんの園外保育ソラールに一緒に連れて行ってもらいました。

兄弟児も多く、手をつないで一緒に連れ立っていく姿もありました。

餅つきが印象に残り、餅つきをしたいとの声。

教室にもちつきコーナーが出来ました。

年中さんのお店屋さんのワニワニパニックももらいました。

毎日自分たちで操作して遊んでいます。

積み木を積み上げることがはやっています。

どっちが高く積めるかな?毎日工夫しながら繰り返しています。

ちゅうりっぷ保育園の2歳児さんと

一緒に遊ぶ機会を設けています。

来年度の年少を見据えて、いまからふれあう機会を

設けています。

すみれ組の様子。もちつき、園外保育にてぱんだ公園へ、お弁当の日、クラス活動の様子です。

年少さんはお友だちとの関わりが増えてきました。

会話をしたり、波長の合うお友だちと一緒に遊んだりする

姿をあちこちで見かけます。

しかし、友だちと一緒に遊びたいという気持ちが

強くなりすぎることでさまざまなトラブルに直面する

時期に入ったことでもあります。

鬼遊びをしたいけど、鬼になりたくない・・

一緒にあそびたいお友だちが、他のお友だちとばかり遊ぶ

自分の遊びばかりするお友だちなので、自分のしたい遊びができない

コミュニケーションのつもりでちょっと友だちを押したら、泣いてしまった。

思いの違いや、感覚の違いに気づいていきます。

これは、この時期特有のもので、小学生や中学生、大人に

なってからのトラブルとは質が異なります。

どのように折り合っていくかを

自分で模索する時期なのです。

とはいえ、子どもの困っていることを

ほったらかしておくのは良くありません。

保護者と教職員で状況を共有し、

見守ったり心のケアをしたりすることが必要です。

「おや?」と思うことがあったら、担任にご相談ください。

うさぎぐみさんの様子です。お餅つき、永源山公園、ソラールに行ったときの様子です。

お店屋さんでは農園を開いたうさぎぐみさん、

さまざまなことに興味が開いているようです。

年中は園外保育も積極的に取り入れて

興味を育む機会が増えました。

しかし、今後は新型コロナの第六波が心配なところ。

お正月明けの状況が落ち着くまでは

園外に出る機会は状況を考慮しながら行いたいと思います。

こあらぐみさんの写真です。もちつきと永源山公園への園外保育の様子。

今日から預かり保育を始めました。

「明けましておめでとうございます。」の挨拶があちこちで聞こえます。

新年の挨拶はいいものですね。

屈託のない子ども達の笑顔はいつみてもホッとします。

さて、昨年掲載できなかった写真を抜粋して掲載します。

年末のアンケートではもっとHPで園の様子が知りたいとの

意見も頂きました。

掲載時期が遅れることもありますが、

できるだけ更新していきたいと思っています。

素敵な献花を毎年ありがとうございます。観音堂はこの新春もお花で穏やかに時が流れます。

年越しを前に椎木さんが献花を活けてくださいました。

夫婦でお寺にいらっしゃり

ゆっくりと時間をかけて一つ一つの花瓶を丁寧に活けていきます。

お正月にふさわしい新春を感じさせる見事なお花です。

火の管理で日に何度も焼香所をのぞきにくるのですが

このお花を見ていると、時がゆっくり流れるような気がします。

花の美しさを際立たせるだけでなく、

時間の感じ方も変わってくるって、お花の世界って面白いですね。

日の出がきれいです。お寺にある各家の位牌壇に霊具のお膳をお供えしてあります。

お寺では正月の三ヶ日、霊具の膳をお供えします。

お檀家さんも、おもちやお菓子を仏壇に供え

ご先祖様を丁寧におまつりされています。

新年の行事として「やるべき事をやる」という考え方でいましたが、

最近は、先祖を偲び、思いをいたしながら

好きなものや、お正月飾りを準備することが行事であると考えるように

なりました。

禅の教えでは「只管打坐(しかんたざ)」という言葉があります。

「ただひたすらに坐禅する」ことが目的なのだという意味です。

先祖と一緒にお正月を迎え、新年に思いを新たにする

そこをぶれずにひとつひとつ行っていくことが大事なのですね。

毎年同じ事を行っているのですが、一つの気づきで少しだけ

禅の教えが深まったように感じています。

言葉だけで知っているのと、自分で気づくのはおおきな違いがあります。

1日1日をもっともっと大事に生きられるようになりたいものです。

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。

大晦日の昼は大風が吹いて大変でしたが、

一夜明けると初日の出が拝める穏やかな天気になりました。

新型コロナウイルスに振り回された2年間ですが

天気のように一気に回復してほしいものです。

目一杯の願をかけ、しめ飾りも特大のものを準備しました。

年神様が「福」を届けてくださることを念じています。

お寺では護摩木をご祈祷しました。

修正会といってお正月に三日間の祈祷を行います。

新春の祈祷を行った「大般若札」も本堂においておきますので

お参りの方はお持ちください。

今年最後の大行事「除夜の鐘」を突きました。福くじも大盛況でした。

どれだけ沢山の煩悩が生まれたのでしょうか?

だれもが苦しい一年だったと思います。

最後に今年一年の振り返りをしました。

いろいろありますが、歴史嫌いだった私が

「福川や真福寺の歴史」に興味を持てるようになったことが

大きかったように思います。

知っているようで知らないことの多さに今更ながらに驚きました。

あと20~30年生きられるのなら、ちょっとは福川のことを知って旅立てるかな。

三途の川の向こうで、先に行かれた方々とむかし話が出来たら楽しいでしょうね。

さて、除夜の鐘は108声全てを参拝者の方に

突いて頂けるほど多くのお参りをいただきました。

昨年は自分たちで突く数が結構あったので、それだけで元気をもらったように感じます。

コロナ退散を祈願された方も多いかったのではないでしょうか。

接待はコロナで中止ですが、「福くじ」は数を減らして行いました。

当たりくじに、ジャンプして喜ぶ小学生の姿が嬉しかったです。

娘や甥っ子姪っ子が出家して弟子となり、

自主的にいろいろ手伝いをしてくれます。

行事に向けることのできる体力の限界が見えてきたところだけに、

子ども達の成長をまぶしく感じました。

来年は寅年。守護地蔵様に大きな声で読経しました。

新年を前に、鏡餅を作りました。お寺ではお餅つきは30日に行うことが多いです。

年末にお餅をつくお宅が少なくなってきているように思います。

お寺では「餅つき機」を使っての餅つきですが、毎年12月30日に行っています。

28日とか29日とかに行えばもう少し時間の余裕が

取れるのではないかと思うのですが、

「苦の餅はつかない」と言う言葉が伝えられており、

29日にお餅をつくのは縁起が悪いのだそうで、

代々30日に行っているそうです。

この日はお昼前ごろから、夕方にかけて

お寺参りの方も多く、風呂敷や紙袋に鏡餅を作って

仏様にお供えをしにいらっしゃいます。

「今年はみんなで集まってお餅つきが出来たよ!」

と嬉しそうにできたてのお餅を見せてくれた

おばあちゃんもいました。

みんなで集まることが出来るって、それだけで嬉しいことですね。