交通安全教室で道路の歩き方、横断歩道の渡り方を習ったよ

月に一程度、交通教室があります。

道路を進むときはどちらを歩くでしょうか?

答えは道路の「右側」です。

センターの指導員さんは、

こちらから向こうに向かって歩くとき

向こうからこちらに歩くときは同じ道でも

反対側を歩くことになるんだよ~。と

丁寧に教えていました。

不思議そうな顔をする子、そんなの当然知っているとう顔の子、それぞれです。

だからこそ学ぶ意義があるのでしょうね。

主体的な学びが重視される現在の教育では

「道路の渡り方を自主的に発見する(気づく)まで待たなければ」と

考える方もいるようですが、これは考え違いです。

事故や危ない目にあうことで気づく・・とういことにも繋がりかねません。

まずは命を守るために「安全な交通ルール」を知り

できるようになることが肝心です。その中で

「道路は危ないところだから安全な歩き方、渡り方を学びたい」

「命を守るためにはきちんとした交通ルールを学ぼう」という

主体的な気持ちを育んで欲しいと思います。

今年は当園が「親子交通教室」を開催する年に当たっています。

子どもだけでなく、親子で交通ルールを学ぶ機会を

設けたいとおもっています。