お盆休みが明け、「預かり保育」を開始しました。ひさしぶりの登園に子ども達も大喜びです!

久しぶりの幼稚園、みんな元気いっぱいです。

登園早々の挨拶は、少々声が小さめ。

お盆休みで家がよかったのでしょう。なんとなく行きたくない様子です。

何度か声を掛けると、ようやく下を向いたまま、小さな声で「おはよ」

と応えました。

カバンをおいて、しばらくうろうろしていましたが、

そのうちお友だちが登園してくると少しずつ元気が

出てきました。

トランポリンで遊ぶ子、追いかけっこする子

一通り遊んだら、折り紙や塗り絵などをする子など様々です。

家庭でゆっくりする時間も大事ですが、お友だちと

遊んで刺激をしあうことも大事ですね。

遊戯室の棚の塗り替えが終了。塗り直してピカピカになりました!

雨の降り込みや、強い西日でワックスがはがれ、

ボロボロになっていました。

お盆をはさみ、塗装屋さんが丁寧に塗り直しを

してくれました。直接子ども達が使用するところでは

ありませんが、気持ちの良い遊戯室になったことで

より過ごしやすくなったことと思います。

夏まつりは楽しいことが一杯!特集2日目は年長さんのコーナーと盆踊りです!

年長さんはみんなに来て、楽しんでもらうコーナーを作りました。

つきぐみは忍者屋さん、ほしぐみは電車屋さん、にじぐみは魚釣り屋さんです。

忍者屋さんは、入り口でチケットを渡すと、忍者に変身させてもらえます。

銀色の忍者装束に身を包んだら、池渡りの術!

細い丸太橋(平均台)をわたって、目的についたら、手裏剣で的を狙います。

首尾良く成功したら、池の飛び石をジャンプして帰るというものでした。

電車屋さんは、ほしぐみ駅に着くと記念撮影や、遊覧が始まります。

コースは、きれいな花畑や、水のトンネル、虹などを見ることができます。

運転士さんもゆっくりと、上手に説明しながら案内をしてくれます。

魚釣り屋さんは、船で釣りにでかけます。好きな船を選んで

池(海?)に乗り出し、好きなだけ魚を釣り上げます。

また泳ぎたい人には、スズランテープや新聞紙の水で満たされた海へ

案内し泳いでもらうというものでした。

この衣装や乗り物なども全部子ども達が自分達で考えて作ったものです。

時間を掛けて、また遊ぶ人が喜ぶ顔を想像しながら作成してきた

姿が目に浮かびます。

遊ぶのがそれぞれ5分10分程度なのがもったいない気がします。

ただ、子ども達には様々な反省や課題が見つかったようです。

秋のお店屋さんにつながって欲しいと思います。

和太鼓は小学生が演奏してくれました。和太鼓クラブのみんなが

今日のために頑張ってくれました!

最後は園庭で盆踊りです。

コロナ第五波のこともあり、お迎えは1人だけとさせてもらいましたが、

保護者の皆さんに応援してもらいながらの盆踊りは格別だったようです。

夏まつりがやってきた!コロナがどうなるか気になっていたけど、今年もも開催できました!

金魚すくいやスーパーボールすくい、うちわ作りに、年長さんのコーナー遊び

夏まつりの開催です!

年少さんは保護者同伴で参加。年中さん、年長さんは子どもだけでの参加で

それなりに楽しんでいましたが、保護者同伴での参加にしてあげたかった。

今回は二部に分けての開催。

先生や保護者チームで、いくつかのコーナーを出しました。

金魚すくいは結構な人気でした!持ち帰りは希望制なので

気にせず一生懸命掬います。10匹超えてとった子もいました!

おまつりを前に、盆踊りを輪になって踊りました!

明日のお祭りを前に、やぐらを組みました。

子ども達や父母の会のお母さん方に手伝ってもらってのこと。

30分足らずで完成です!

やぐらを前に、輪になって盆踊りを踊ってみました。

気分がちょっと上向いてきます!明日が楽しみですね!

年長さんの各クラスも準備が着々とすすんでいました。

たくさんおのきれいなしゃぼん玉がすてきだったよ!シャボン玉おじさん。お姉さん来園ありがとう!!

「じゃあいくよ!」と大きな声で子ども達に声を掛けると同時に

たくさんのシャボン玉をつくってくれました!

子ども達は歓声をだして大喜び!

〝しゃぼん玉おじさん〟と〝しゃぼん玉おねえさん〟が来てくれました。

幼稚園の先生が「インスタで募集していますよ!」と教えてくれたのが

始まりです。

連絡を取ると、すぐに色よい返事をいただきました。

10時から遊戯室でマジックショーを

後半は園庭でしゃぼん玉を見せてくれました。

どちらもとても楽しくて、こどもたちは終日上機嫌でした。

おもちゃばこの扉がシャッターになりました

幼稚園の遊具を入れる倉庫「おもちゃばこ」の入り口を

シャッターに変更してもらいました。

経年のさびなどで扉がかなり重くなっていたので

道具の出し入れが大変でした。

毎日使うものなので、思い切って依頼をしました。

子ども達から「遊びたい!」とリクエストがあったときに

出しやすい環境作りの一環です。

次は、倉庫の中を棚を作ったり整理をしたりして

出しやすいようにしていこうと思います。

今度は園長のDIYの時間ですが、こちらはまだ順番が先になりそうです。