合気道納会の様子

12月25日は合気道の納会でした。

例年一緒に会食をするのですが、今回はコロナなので中止。

稽古をして、最後にみほとけさまへご挨拶に行きました。

公開が今日になってしまいましたので、稽古始めは明日掲載します。

合気道4段

合気道を指導してくれている女性の先生が昇段試験を受けました。

コロナ対策で基本的には推薦ですが、皆が実力を認めて始めて

道場内での4段として認められます。

徳山道場に研修館と徳山の指導員の先生が全員集まり、また

会員の前で実力披露の会を開き、見事に認められました。

おめでとうございます!

今後益々の精進を期待します!

昇級審査会

厳しくも充実した審査でした。

3月が中止になったため、一年ぶりの審査会となりました。

所定の稽古時間が必要なのですが、どの子も倍以上の稽古を

積んでいます。

コロナのため稽古ができなかったり、

接触での稽古ができない期間が長かったのですが、

ひとつの区切りとして審査会を行いました。

健康観察カードなどを作成し体調管理をしながらの

稽古ですが、十分な力がついたと思います。

師範からも、内容の充実を褒めていただきました。

結果は追って連絡があることでしょう。とても楽しみです。

短棒

合気道で使用する短棒。

50センチと45センチのものを準備しています。

太さも小学生用、中学生以上用と2種類準備しました。

短棒

合気道ネタです。

当道場の師範の得意技に、短棒があります。

約50センチの棒を使った技です。

合気道をミックスして独自にまとめ上げた特別なもの。

接触が限定されるので、これをつかって稽古をしようとの発案。

お互いに棒を握り合って、投げたり投げられたりしています。

これがあることで稽古の幅が一気に広がりました。

高度な技を身につけるチャンスになるかも・・

合気道再開

6月1日からスポーツ少年団の活動OKがでました。

とはいえ、学校が始まってから二週間様子を見て・・ということで

昨日6月10日からスタートしました。

最初は体操や柔軟、体力作り、突き、蹴り。

ふれあっての稽古は最小限にとどめ、

コロナウイルスの感染拡大防止対策を考えながらの

稽古となります。

制限がつきますが、これを糧にさらなる工夫をしたいと思います。

新入生が1名(1年生)入りました。ただいま募集中です。

皆勤賞

和太鼓クラブと合気道では皆勤賞を授与しています。

なんと和太鼓クラブでは、3年間を通してお休みを

しなかった子が出てきました!

継続は力なり!ですね。実力も折り紙付です!

これに励みに、後に続く子達が出てきて欲しいですね。

ちなみに、大きな盾を授与しました!

研修館合気道

合気道は40年前に設立しました。

キビキビはつらつした子供達を育てたいとの

園長先生の思いから発したものです。

地域の合気道家、岡田至弘先生の指導の下

多くの子供達が巣立っていきました。

最近あった全日本大会に40年近く修行した

女性会員が代表で出場しました。

他の道場の方アップしたようですががYouTubeを確認すると

合気道では珍しく60万回の再生数となっています。

昔ながらのかっこよくまた強い合気道がよい!と

評判のようです。

こちらも4月からの会員をまもなく募集します。