秋のお彼岸の中日は秋分の日です。真東から登る陽を受けて位牌堂「大悲殿」がきれいです。

あの世とこの世の近づくときが年に2回あります。

春分の日と秋分の日で、この日を彼岸の中日とし、

前後三日間の合計1週間を「彼岸」と呼んでいます。

各家でもお仏壇やお墓をお参りされたかたもあったことでしょう。

お寺では、お位牌堂に祀ってある各家のご先祖に霊具をお供えし、

法要で読経や御詠歌を奉納したり、婦人会のバザーで

厳かに、そしてにぎやかに過ごしました。