戦艦河内慰霊法要103回忌

今日は河内艦の103周年法要でした。

周南市政所の善宗寺を会場に位牌をお祀りし、

新南陽仏教団の僧侶と梅花講の有志で法要を執り行いました。

河内艦は大正7年7月12日に徳山沖停泊中に

原因不明の爆発によって沈みました。

621名という大勢の方が亡くなられ、

多くの家族が寂しい思いをされたことでした。

新南陽仏教団は30周年ごろから法要を引き継いでおり、

毎年現地にわたって法要を執り行ってきました。

100周年を機に、現地の法要は5年おきに

計画することになっています。

周南の地でこのような痛ましい事故があったことを

忘れて欲しくありません。毎年法要を通して

皆さんにも思い出していただく機会になればと思っています。