お寺のみほとけさまにお参りに行きました!

全員揃っての初めてのお寺参りでした。

どの学年も落ち着いて座ることができています。

先生との手遊びをしたあと、みほとけさまに手を合わせました。

幼稚園には「お誓いの言葉」があります。

わたしたちは、みほとけさまをおがみます

わたしたちは、だれにもしんせつにします

わたしたちは、だれともなかよくあそびます

仏教の三宝を現した言葉でもあり、教育の知徳体を表した言葉でもあります。

朝の会やお寺参りの時にお唱えしています。

「みほとけ様はみんなが幸せになる方法を見つけたんだよ!

人の嫌がることをしないこと、

困っている人がいたら助けること(助け合うこと)が大事なんだよ!」

園児に届けたい言葉を園長のお話として伝えました。

さて、この時期になると幼少連携の一環で

小学校に行くことがあります。昨年度の年長の先生が

訪問してくれています。

自由保育に変わったことで、保護者の方からいただいた

質問に

「学校に行ってちゃんと座れるの?」

「学校で積極的に関われるの?」

というものがありました。

先生達も気になっており、学校訪問の際に様子を見てくれています。

「きちんと座れているし、先生の質問に対しても積極的に

手を上げていました」と報告してくれました。

個人差はあるようですが、その報告を受けて安心しているところです。

毎日の正念(ピアノの静かな音に合わせて身を正す)や

年長になっての坐禅、やる気を後押しする教育姿勢が

形になっていることを嬉しく思っています。

6月1日の様子